外国人 患者 コミュニケーション 対策方法

外国人の患者さんが来院された際に
英語で対応できるだけの英語力を身につけるには
どのような勉強方法がいいのでしょうか?

 

医療英語

 

 

医療機関を受診する外国人に対して英語で対応するには、

一般的な英単語意外にも専門用語も数多く覚える必要があるため

普通の英語勉強よりもずっとハードルが高いんだ。

 

だから、元々英語が得意な人であれば独学でもなんとかなるかもしれないけれど、

そうでない人が独学で医療英語を学ぼうとすると、覚えることが多すぎて大変だよ。

 

 

医療機関という特殊な状況が、医療英語のハードルをさらに高くする!?

普通の日常会話と医療英語の大きな違いは

相手の言いたいこと、自分が伝えたいことが正確に伝わらないと

最悪の場合医療事故に繋がりかねないことなんだ。

 

日常英会話だと何となく伝われば良いかな〜?というぼんやりした英語でも

身振り手振りや最悪伝わらなくても笑ってごまかせるけど

医療機関で英語を使う場合、正確にコミュニケーションを誤診に繋がったり、

患者が薬の飲み方を間違えたりする原因になるよ。

 

そのため、中途半端な英語は臨床で通用しないため

こうした事情も医療英語のハードルをさらにあげる原因にもなっているんだ。

 

 

医療英語を動画で楽しく勉強しよう!

ELTO医学英語アカデミーでは、

アメリカの看護学講師が監修した医療英語教材が7日間無料で閲覧できるよ。

 

教材には動画コンテンツが500本以上あり、

英語が苦手でも楽しく学ぶことができるんだ。

 

また、動画で学んだ英語を外国人講師とのマンツーマンレスんでアウトプットできるから

医療英語がどんどん上達していくよ。

 

ELTO医学英語アカデミーの公式サイトはこちら

 

このページの先頭へ