オンライン英会話で、相手の回線が悪く音が切れます。

オンライン英会話で、相手の回線状態が悪く
音声が聞きづらいときがあります。
元々リスニングが得意でないため、あれでは勉強になりません。
みなさん、そういう時はどうされてますか?

 

オンライン英会話でよくあるトラブルで、

回線の状況が悪く音声がブツブツ途切れるということがあるんだ。

 

そうなると、相手の言っていることが聞き取りにくくなったり、

こちたら話していることを相手が聞き取れなくなり、

レッスンとは別の次元でストレスを感じることになるよ。

 

今日はちょっとした工夫で回線トラブルを改善するためのコツを3つ紹介しよう。

 

レッスン中の回線不良を改善する2つの試み

①Skypeの画像をoffにする

Skypeの画像をoffにして、音声のみの通話に切り替えることで

音声が大分クリアに聞こえるようになるよ。

 

画像は相手の表情や口の形を見ながらレッスンできるというメリットがある反面、

インターネット回線の通信容量を大幅に消費するため

回線の調子が悪いと音声の質がかなり落ちるんだ。

 

だから、「相手の声がプツプツ切れるな〜」と思ったら

音声通話に素早く切り替えることで、音質はかなり改善するよ。

 

無線LANを使っている場合は、よりルーターに近い場所に移動する

音が切れる原因は、

ひょっとしたら相手側ではなく、こちら側に問題があるかもしれないんだ。

 

よくあるパターンは無線LANでインターネットをしているケースで、

リビングに無線LAN用のルーターを置いておいて、自分の部屋でレッスンを受けるという場合で

リビングと自分の部屋の壁で無線LANの電波が遮られ、電波状況が悪くなることがあるんだ。

 

そんなときは、ルーターのすぐ近くに移動することで

電波状況が良くなり音質が向上することがあるよ。

 

 

③回線の安定しているオンライン英会話に乗り換える

オンライン英会話には大きく分けて、

・講師が自宅からレッスンを提供してるスクール

・講師が専用オフィスに出勤してそこからレッスンを提供しているスクール

の2つのパターンがあるんだ。

 

回線トラブルが頻発するのは、講師が自宅からレッスンを提供している場合で

特にフィリピンなどの途上国の通信インフラは日本と比べ脆弱なため

回線が不安定で音がプツプツ切れやすいんだ。

 

逆に、講師が専用のオフィスに出勤してそこからレッスンを提要しているスクールでは、

通信インフラに対ししっかりと設備投資されたオフィスを介しいるため、

回線が安定し音が切れにくいんだ。

 

だから、音声通話に切り替えたり、ルーターの近くに移動したりしても症状が改善しない場合は

思い切ってオンライン英会話を乗り換えるのも選択肢の一つだよ。

 

 

レッスン中、回線が悪く音が切れる時は
まず、音声通話に切り替えて回線の負担を軽減しよう。

それでもダメな場合は、
(無線LAN使用時は)ルーターの近くに移動するのも一つの手だよ。

それでも改善しない場合は、
思い切って回線の安定したスクールに乗り換えるのも
選択肢として考えよう。

 

回線トラブルに悩んでいる人におすすめのオンライン英会話

ラングリッチ

6 ラングリッチ Skypeで学べる英会話

ラングリッチでは、

講師が毎日オフィスに出勤してレッスンを提供しているんだ。

 

オフィスは回線設備が整っており、

安定した光回線により良好なレッスン環境が整っているよ。

ラングリッチの公式サイトはこちら

 

あわせて読みたい!オンライン英会話の歩き方

このページの先頭へ