ブロークンではない正しい英語を学び直せるオンライン英会話はどこ?

アメリカ在住でブロークンでは不自由なく話せます。
しかし、綺麗に正しく話せるようになりたいです。
おすすめのオンライン英会話を教えてください。

 

英語でコミュニケーションがとれることと

文法的に正しい英語が話せることは必ずしもイコールではないんだ。

 

だから、長く海外生活をしていると

文法的には正しいわけではないけれど問題なくコミュニケーションが取れる

いわゆるブロークンイングリッシュに慣れてしまい、

スピーチや社内のプレゼン、社交場などのフォーマルなシーンで

「あれ?この言い方ってよくよく考えるとおかしいよね?」と気付くことがよくあるんだ。

 

特にブロークンイングリッシュでネイティブと対等に話ができる英会話上級者の場合、

ネイティブ側も、言葉の面で同等の存在として接してくるため

場所をわきまえて綺麗で正しい英語を使えないと

フォーマルな状況ではネガティブな印象を持たれかねないよ。

 

TPOをわきまえた正しい英語の使い分けは

英会話レベルが高くなればなるほど要求される必須スキルなんだ。

 

 

カリキュラムと教材のレベルが高いオンライン英会話を選ぼう

既に英語でのコミュニケーションに問題がない場合、

フリートークで講師と話すよりもコテコテの英語の講義を受けた方が学習効率がいいよ。

 

フリートークだと、結局普段通りのブロークンイングリッシュになってしまい、

また特定のシーンを想定しているわけではないから、カバーできる英語の範囲も狭くなりがちなんだ。

 

そのため、カリキュラムと教材がしっかり組まれ、

あらゆるシーンを想定した英語を、単語や文法レベルから学び直した方が

英語の幅を効率よく広げられていい成果が期待できるよ。

また、そうしたカリキュラムを支える講師の質も十分に高いスクールを選ぶのも重要なんだ。

 

カリキュラムは日常会話などのコースでもいいけれど、

ビジネスシーンを想定しているならビジネスに特化した専門スクールでもいいね。

 

それと以外とオススメなのが試験対策コースだよ。

TOEICやTOEFL、IELTSといった英語試験への対策は、

文法やボキャブラリーの知識を改めて深く学び直せるんだ。

だから、ブロークンイングリッシュで慣れてしまった人が、基本に立ち戻るには良い機会になるよ。

 

英語でのコミュニケーション能力が高まれば高まるほど
正しい英語を話せるスキルは重要になるよ。

既に英語が話せる人が基本に立ち返るには
カリキュラムと教材が充実したオンライン英会話を
選ぶことがポイントだよ。

 

 

ブロークンイングリッシュを矯正したい人にオススメなオンライン英会話

ラングリッチ

6 ラングリッチ Skypeで学べる英会話ラングリッチは、カリキュラムと教材、講師の質に高い評価があるオンライン英会話なんだ。

 

教材はヒトメディアと共同開発しており、

また、カリキュラムも生徒のレベルに合わせて組まれるため

現在のレベルに応じて文法、発音といった基礎的なパートから

日常会話、ビジネスシーンでの正しい言い回しまで、幅広く学び直せるよ。

ラングリッチの公式サイトはこちら

 

 

マイチューター

33【マイチューター】マイチューターはラングリッチと比べ、より試験対策やビジネス英語に力を入れているオンライン英会話だよ。

 

試験対策用のカリキュラムはTOEIC、TOEFL、IELTSと有名どころのものをすべてカバーしており、

さらに、CA、ホテル、エンジニア、医師など職業別のカリキュラムが12種類以上あり充実しているんだ。

また、TEDを教材にしたプレゼンスキル強化用のカリキュラムもあり、

あらゆるフォーマルなシーンに対応した英語を学び直すことができるよ。

公式サイトはこちら

 

 

あわせて読みたい!オンライン英会話の歩き方

このページの先頭へ